武蔵新城エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 武蔵新城校】へお任せ下さい!

menu

武蔵新城エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 武蔵新城校

台風の名前は誰が決めているのか?

さてさて、今回は昨日の続きです。昨日は台風とサイクロンとハリケーンの違いでしたね。私の長年の疑問でした。

今回はもう一つの疑問。皆さんもニュースでお気づきになりましたでしょうか?
台風18号にはファンフォン台風19号にはヴォンフォンという名前がついていたことを。
アメリカでも巨大ハリケーンカトリーナのように気象現象に名前をつけることはよくあります。

でも、毎回誰が勝手に名前をつけているのか!
しかも、今回の台風は2つとも中国語っぽい。

なんかルールがあるのかと調べてみると、ありました!

なんと!台風委員会なる組織が決めていたのです!
台風委員会は台風防災に関する組織で日本ほかアジア14カ国等が加盟しています。

アジアで発生するのが台風なわけなので発生するごとに台風に名前をつけているのですが、付け方は「事前に140個の名前を各国で決めて」おき、発生した順にその名前をあてがうのだそうです。そうでないとケンカになりますもんね。

一覧表はちょっと大きいので直近のものだけ貼っておきますね。

↓↓↓ 一覧表抜粋 ↓↓↓

 台風名

 

 

 

これで見ると、中国語っぽいと思ったファンフォンはラオスの動物の呼び名で、ヴォンフォンはマカオでいうスズメバチのことだったのですね。次のマレーシアのヌーリなら中国語っぽさもなく異国の言葉という感じがしましたね。
フィリピン語のハグビートなんかが列島に傷跡を残したらあまりしゃれにならないなと思いました。

台風18号の後は数日暖かい日が続きましたが、19号の後は少し朝晩冷え込みますね。もう台風ラッシュは終わったのでしょうか。
だとすれば、「ヌーリ(台風20号)」や「シンラコウ(台風21号)」に直撃される心配もないかなと思いました。

また、大災害をもたらした台風名は二度と使わないように決めることがあるのだそうです。縁起が悪いですもんね。

私も調べてみて発見と驚きの連続でした。是非、皆さんも日頃疑問に思うことを調べてみてください。

調べる学習方法をお子さんに身につけさせたい!とお思いの方は是非当学院にご相談下さい。

↓↓↓ お問合せはいますぐ! ↓↓↓

************** 英才個別学院 武蔵新城校 概要 ***************

 【授業時間】 17時00分~21時30分

 【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

 【WEBからのお申込み】当教室ホームページからお問い合わせください

 http://eisai-musashishinjyo.com/contact.html

 【お電話でのお申込み】当教室までお電話ください

 044-755-1230(受付 14:00~21:00 日・祝休み)

**********************************************************

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 武蔵新城校 フェイスブック
英才個別学院 武蔵新城校 ツイッター
英才個別学院 武蔵新城校 YouTube チャンネル
英才個別学院 武蔵新城校 Google+