でも、英語って苦手な人多いですよね。「なんだか合ってるかどうか不安」・・・ですよね。

合っているかどうかを気にするから難しくなっちゃうんですが、言葉遊びの感覚で楽しめたらもっともっと面白くなると思うんです。

昨日生徒と話していてなんとなく感じたのですが、英語の和訳が日本語っぽくないんですよね。

みんな普段使わない言葉で訳している。ちょっと気になって話していたら「言葉が感覚に結びついていない」んだなーということがわかって来ました。

an apple や an orangeくらいならジュースでいくらでも飲んでますから感覚と結びついているんですけど、ちょっと文章っぽくなると途端になんだか気持ち悪い日本語になっちゃう。

例えば、

You must study hard. ⇨ 「あなたは一生懸命勉強しなければなりません。」

日本語訳はもちろん間違いではありません。でも、普段の会話の中でこんな日本語はあまり使いませんね。

むしろ実際にはこんな感じ

You must study hard. ⇨ 「もっとちゃんと勉強しなよ!」

直訳と意訳なんて呼ばれたりしますよね。あれです。

こんな例はいくらでもあります。

I don’t know that you can’t swim. 
    ⇨ 「私はあなたが泳げないことを知りません」
    ⇨ 「キミが泳げないなんて知らないよ」
    ⇨ 「お前が泳げないなんて知るかよ」

I was so surprised to hear that Aya Ueto got married?  (ちょっとネタが古い^^;)
    ⇨ 「私は上戸彩が結婚したことを聞いてとてもびっくりした」
    ⇨ 「上戸彩が結婚したって聞いて超ビックリ!」

The homework was too much to do by myself.
    ⇨ 「宿題が多すぎたので自力ではできませんでした」
    ⇨ 「宿題多すぎたからできなかったよ」

きちんと英語のニュアンスを理解する段階を経たら、実際自分ならどう日本語で表現するのかというところをもっと遊んじゃったらいいと思います。

英語を生きた言葉として学ぶ為には普段自分が使う日本語の「ニュアンス(=伝えたいこと)」に近づけてとらえていくといいんじゃないかなーと思います。

その為にもまず「日本語」をきちんと勉強しないとね(``b

英才個別学院 武蔵新城校の学習指導は

         個別ならではの手厚いフォローです。

英数国をベースアップしつつ

   理社をリーズナブルなフォローで底上げします。 

現状で不安を抱えている全ての小中学生の皆さんに

        適切な学習方法の指導をご案内します。

 

新年度生、無料特典キャンペーン実施中!

限定20名様!

残席18名です。(4/2現在)

お電話はお早めに!

 

************** 英才個別学院 武蔵新城校 概要 **************

【授業時間】 17時00分~21時30分

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

【WEBからのお申込み】当教室ホームページからお問い合わせください

http://eisai-musashishinjyo.com/contact.html

【お電話でのお申込み】当教室までお電話ください

044-755-1230(受付 14:00~21:00 日・祝休み)

★お会いできる事を心より楽しみにしております★

****************************************************************